Kenshi Yonezu – Kanden Lyrics

​米津玄師「感電」の歌詞

逃げ出した夜の往来
行方は未だ不明
回り回って 虚しくって
困っちゃってワンワンワン

失ったつもりもないが
何か足りないだろ
ちょっと変にハイになって
ふかし込んだようにさ

兄弟よ 友達よ
もう何も考えないよ
銀河系の外れへとさようなら
真実も 道徳も
交差しないイカれた夜でも
僕ら手を叩いて笑いあう
誰にも知られないまま

たった一瞬の この煌めきを
食べ尽くそう 二人でくたばるまで
そして幸運を 僕らに祈りを
まだ行こう 誰にも追いつけないくらいのスピードで

稲妻のように生きてたいだけ
お前はどうしたい?
返事はいらない
思い出した 思考と憧憬
動機は未だ不明
邪魔臭くて 苛ついて
迷い込んでにゃんやんにゃん

ここいらで落とした財布
誰か見ませんでした?
馬鹿みたいにツイてない
溶かしてくハイウェイさ

勝敗も もう一度
何度だって喧嘩しようよ
シャレになんないくらいのやつを交わして
正論と 暴論も
分類さえ出来やしない街を
抜け出してお互いに笑い合う
目指すはメロウなエンディング

それは心臓を刹那に揺らすもの
追い掛けた途端に見失っちゃうの
きっと永遠がどっかにあるんだと
腐っても探し回るのも悪くはないでしょう

お前がどっかに消えた朝より
こんな夜の方がまだマシさ
肺に睡蓮 遠くのサイレン
響き合う境界線
愛し合うように喧嘩しようぜ
やるせなさ引っさげて

肺に睡蓮 遠くのサイレン
響き合う境界線
愛し合うように喧嘩しようぜ
やるせなさ引っさげて

たった一瞬の この煌めきを
食べ尽くそう 二人でくたばるまで
そして幸運を 僕らに祈りを
まだ行こう 誰にも追いつけないくらいのスピードで

それは心臓を刹那に揺らすもの
追いかけた途端に見失っちゃうの
きっと永遠がどっかにあるんだと
腐っても探し回るのも悪くはないでしょう

稲妻のように生きてたいだけ
お前はどうしたい?
返事はいらない

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *