supercell – Odds & Ends (feat. Hatsune Miku)

いつだって君は嗤われ者だ
やることなすことツイてなくて
挙句に雨に降られ
お気にの傘は風で飛んでって
そこのノラはご苦労様と
足を踏んづけてった

いつもどおり君は嫌われものだ
何にもせずとも遠ざけられて
努力をしてみるけど
その理由なんて「なんとなく?」で
君は途方に暮れて悲しんでた

ならあたしの声を使えばいいよ
人によっては理解不能で
なんて耳障り、ひどい声だって
言われるけど
きっと君の力になれる
だからあたしを歌わせてみて
そう君の 君だけの言葉でさ

綴って 連ねて
あたしがその思想(コトバ)を叫ぶから
描いて 理想を
その思いは誰にも 触れさせない

ガラクタの声はそして響く
ありのままを不器用につないで
精一杯に 大声を上げる

いつからか君は人気者だ
沢山の人にもてはやされ あたしも鼻が高い
でもいつからか君は変わった
冷たくなって だけど寂しそうだった

もう機械の声なんてたくさんだ
僕は僕自身なんだよって
ついに君は抑えきれなくなって
あたしを嫌った
君の後ろで誰かが言う
「虎の威を借る狐のくせに」って
君は ひとりで泣いてたんだね

聴こえる?この声
あたしがその言葉を 掻き消すから
解ってる 本当は
君が誰より優しいってことを

ガラクタの声はそして歌った
他の誰でもない君のために
軋んでく 限界を超えて

二人はどんなにたくさんの言葉を
思いついたことだろう
だけど今は何ひとつ思いつかなくて
だけどなにもかもわかった
「そうか、きっとこれは夢だ。
永遠に覚めない、君と会えた、そんな夢」

ガラクタは幸せそうな笑顔をしたまま
どれだけ呼んでももう動かない
望んだはずの結末に君は泣き叫ぶ
嘘だろ 嘘だろって
そう泣き叫ぶ

「僕は無力だ。
ガラクタ一つだって救えやしない」
想いは涙に
ぽつりぽつりとその頬を濡らす

その時 世界は
途端にその色を
大きく変える
悲しみ 喜び
全てを一人と 
ひとつは知った

言葉は歌になりこの世界を
再び駆け巡る 君のために
その声に意思を宿して
今 思いが響く


Did not find what you need? Try to search for supercell – Odds & Ends (feat. Hatsune Miku) in https://lyrics.az/?supercell – Odds & Ends (feat. Hatsune Miku) or https://azlyrics.az/?supercell – Odds & Ends (feat. Hatsune Miku)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *